更紗馬蹄

87f8a9c1070ac1833816ed959d238d34_m

記し方 「更紗馬蹄」 読み方 「さらさばてい」

■更紗馬蹄の呼び名由来についてご存知ですか?

さらさばていの呼び名由来は更紗を思わせるからです。

さらさばていは別名高瀬貝といいます。

地方名は数多く存在し、イフ、ソームン、タカシイビナ、タカジイビナ、タカジイミナ、タカジリンナ、タカズルンナ、タマヌーシ、チビビトゥガァ、チョウセンミナ以外にも様々な地方名が存在します。

■更紗馬蹄の旬の時期

旬の時期は1月~12月です。

■更紗馬蹄の栄養成分

栄養成分はタンパク質が豊富です。

タンパク質には体を形成する際に必要です、タンパク質が不足してしまうと健康を崩してしまいますが摂取のし過ぎも良くありません、バランスよく摂取すことが一番大切です。

■更紗馬蹄の効能

効能は骨の整正を助ける働きがあります。

■更紗馬蹄の形や色の特徴

さらさばては沖縄などでは食用とされていますがボタンの材料としてもとても重要となっており沖縄では毎年50トン前後の漁獲量があると言われています。

将来では放流などの増殖の計画も進めれており沖縄以外にも関東などでお目見えする可能性があります。

生息する水深は30メートルほどで大きな褐藻の生育域にいます、岩の表面や大型の褐藻の表面に付着し海藻や岩上の無節石炭藻などを餌にしています、主に夜行性で夜になると餌などを食べますが日中は日の当たらない岩陰などに隠れていますがまれに日中でも活動する個体もいます。

さらさばていは沖縄では高級品になりからはボタンの材料になります。

■更紗馬蹄の代表的なレシピ

代表的なレシピは煮付けです、さらさばていは沖縄では高級食材になり殻はボタンに利用されます。