ミドリイガイ

208px-Perna_viridis_001

Perna viridis 001” by Jan Delsinghttp://www.biolib.cz/en/image/id103070/?orderby=2&uid=3973. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

記し方「ミドリイガイ」 読み方「みどりいがい」

■ミドリイガイの呼び名由来についてご存知ですか?

ミドリイガイは、東京湾より南の地域の潮間帯から水深10メートルの岩やロープなどに付着して生息しています。世界では、東南アジア沿岸、ニュージーランドに生息しています。

ミドリイガイという名前の由来は、緑色のイガイという意味が由来となっています。

このミドリイガイは、ニュージーランドの原住民マオリ族に古くから生のまま食べられていました。痛みを和らげる民間薬として伝わっています。

■ミドリイガイの旬の時期

ミドリイガイの旬の時期は、秋(9月~11月)頃となっています。

■ミドリイガイの栄養成分

ミドリイガイには豊富な栄養成分が沢山含まれています。

栄養成分として、アミノ酸、プロテイン、オメガ3脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、天然のキレート複合ミネラル、酵素、核酸などです。

その他にも、タンパク質、ミネラルやコンドロイチン-4、コンドロイチン-6、グリコーゲンなど含むGAGSを含んでいます。

■ミドリイガイの効能

アミノ酸が睡眠状態の改善や肝機能の向上、美容の増進、成長の促進、運動による疲労の回復・免疫力の向上をしてくれる働きを持っています。

その他にも、元気をつける作用、血液の新陳代謝を促してくれる、健康を維持し・健康増進に作用、リウマチ・関節炎・腰部の痛みを改善してくれるなどの働きを持っています。

■ミドリイガイの形や色の特徴

ミドリイガイの殻の色は、光沢のある青緑色をしています。また、その殻の頂は尖ってやや曲がっています。

■ミドリイガイの代表的なレシピ

ミドリイガイの代表的なレシピはいろいろとありまして、ワイン蒸しや酒蒸しに出来たり、炊き込みご飯、炒り煮、塩茹で、バター焼き、ブイヤベース、トマトスープ、みそ汁、潮汁などがあります。