マシジミ

193px-MashjimiOganeTe080817

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/b/b0/MashjimiOganeTe080817.jpg

記し方 「真蜆」 読み方 「ましじみ」

■マシジミの呼び名の由来についてご存知ですか?

シジミの中で最も普通に見ることができるというところから。

■マシジミの旬の時期

シジミ自体はほとんど通年を通して各地で水揚げをされて、流通をしています。また、輸入のものも出回っていますので量的には安定をして手に入れることができます。

シジミの旬の言葉の中に土用蜆と寒蜆という言葉があり、夏にかけての土用蜆はヤマトシジミ、冬にかけての寒蜆はマシジミがおいしいといわれています。

■マシジミの栄養成分

マシジミの中には色々な栄養素で豊富です。その筆頭がアミノ酸で、その中でも必須アミノ酸が理想的であるバランスで含まれています。他にも鉄分やカルシウム、ビタミンB12などビタミンB群も豊富に含まれています。

■マシジミの効能

お酒を飲んだ後にシジミ汁を飲んだりするといいのは肝臓に効くからなんです。シジミ汁を飲むときに梅干を一つ食べますと、梅干の中に含まれているピクリン酸が肝臓の働きを高めてくれますので、相乗効果が得られて、アルコールなどを体の外へ排出することに役立ちます。

マシジミが一般的に肝臓病などに効果があるといわれているのは、必須アミノ酸の中のメチオニンという物質が肝臓の働きを助けてくれることや、タウリンが胆汁の排泄を促進させて、肝臓の解毒の作用を活発にしてくれたりすることやビタミンB12が肝臓の機能を高めてくれることなどがあげられます。

■マシジミの形や色の特徴

マシジミの大きさは20mmから30mmほどの大きさをしており、殻の内側は白と紺の濃淡があり、外側は黒褐色です。

■マシジミの代表的なレシピ

基本的には味噌汁にしてから頂くことが多いです。。