イケチョウガイ

9b94a8d37b8f85170eed59dff004ef6f_m

記し方「イケチョウガイ」読み方「いけちょうがい」

■イケチョウガイの名前の由来についてご存知ですか?

広瀬興一郎という人が名付けました。
池いるチョウガイという意味でチョウガイは貝殻を広げた上体が蝶を連想させるため。

■イケチョウガイとは

イケチョウガイは、滋賀県や茨城県、東京都、愛知県、京都府、大阪府などに生息しています。

このイケチョウガイは滋賀県の大津市や琵琶湖周辺では様々な呼び名があり、大津市では「エカキガイ」、「オガイ」、「オトコガイ」、「カラスガイ」、「ナベスリガイ」琵琶湖周辺では「オンガイ」などと呼ばれています。

イケチョウガイという名前は、平瀬與一郎という人が命名し、池=止水域にいるチョウガイの意味であると言われています。チョウガイは「蝶貝」で貝殻を広げた形が蝶(チョウ)を思わせるためであると言われています。

■イケチョウガイの旬の時期

イケチョウガイの旬の時期は、秋から春(9月~5月)頃となっています。

■イケチョウガイの栄養成分

イケチョウガイにはカルシウムが含まれています。

■イケチョウガイの効能

カルシウムは健康な骨や歯を作る働きを持ってる他に、生理作用を担っている栄養素です。
カルシウム事態殆どは骨や歯を作るのに作用しますが、神経のいらだちを抑える働き、心臓を規則的に正しく活動させる働きなども行ってくれます。

■イケチョウガイの形や色の特徴

イケチョウガイの色は黒色で殻の表面は多少光沢があります。また、二枚貝の中では最大の貝です。

■イケチョウガイの代表的なレシピ

イケチョウガイは茹でて食べるというのが基本となっていますが、煮て食べてみても良いです。