目高鮑

640px-White_abalone_Haliotis_sorenseni

By Geographer at en.wikipedia (Transferred from en.wikipedia) [CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons

記し方「目高鮑」読み方「まだかあわび」

■目高鮑の名前の由来

眼は貝殻の孔で煙突状に高いだったり「あわぬみ」の意味で貝殻と身がぴったりと合わないためや、「合間・あひ」の意味で貝殻と身がぴったりと合うためからきているとされています。

■目高鮑の旬の時期

主な時期は夏と春の9月から9月の間に多く収穫されます。

■目高鮑の栄養成分

マダカアワビはカロリーが低いが、タンパク質、脂質、亜鉛、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれていて、干しアワビと生とでは栄養成分が違う事もわかっています。

■目高鮑の効能

タンパク質はプロテインになるため、筋肉や細胞の形成や成長などを助ける働きや全身の体調を調節したり、神経伝達物質を正常にさせたりする働きなどがあり
他にも、筋肉や細胞を作るうえで必要不可欠だったりウイルスウや外部からの細菌などの感染症から体を守ってくれる働きがあったり
脂質には、エネルギー源となったりホルモンや細胞膜、消化等に必要な胆汁酸となったりするため、細胞機能を発揮させるために、必要な栄養素となってきます。
亜鉛には新陳代謝に必要な反応に関係する多種類の酵素をつくる成分の役割をしたりホルモンを正常に作用させたり、育毛効果もあったりします。
鉄には、血を増やしたりする役割やエネルギー代謝を向上させたり、肝臓の解毒作用に必要な働きをし、またビタミンB1には、精神や脳や内蔵機能を正常に保つ効果や、成長期や精神状態を安定させる働きがあったり、B2には、脂肪年少や目の疲労を緩和したりする役割があり、B2niha,ダイエット効果も見られます。

■目高鮑の形や色の特徴

全長は約25cmだったり、それ以上の大きさまでいて基本、育った場所や環境などによって大きさは異なってきます。
そして貝殻は高く上から見ると丸みをおびており、呼吸孔は煙突状に高くて基本的には生では食べず、潮間下から水深50mの岩礁に生息しています。
アワビ類は基本的にもっと浅い場所にいたりしますが、15m以上の深さにはこのマダカアワビが生息しています。主に江戸前寿司などではネタとして利用される事が多く、生で食べられる事は少ないため基本的に火を通して食べます。

■目高鮑の代表的なレシピ

基本的に火を通して食べるため、酒蒸しや煮貝などにして食べる事が多いですが
味噌汁やソテー、バター焼きなどにしてからサラダに入れたり、添えたりして食べるととても美味しく、鍋の具の一つとして入れるととても美味しく頂けたり、マダカアワビは、旨味と甘みがあり、とても美味しく頂ける食べ物なので色んな料理に利用できます。