的矢かき

640px-Rock-oyster

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Rock-oyster.jpg

記し方 「的矢牡蠣」 読み方 「まとやかき」

■的矢かきの呼び名の由来はご存知ですか?

的矢湾でよく獲れる牡蠣なのでマトヤカキと呼ばれるようになりました。

■的矢かきの旬の時期

旬の時期は11月~2月に旬を迎えます。

■的矢かきの栄養成分

海のミルクと呼ばれている牡蠣は、ほぼすべての栄養素をバランスよく含んでおり、必須アミノ酸をすべて含んでおり、糖質であるグリコーゲンも豊富でビタミンやミネラルも均等に含んでおります。

生がきにあたるという言葉は、実のところをいいますと、牡蠣の栄養価の高さからも一因の一つで、それだけ菌が増殖をしやすいからです。

■的矢かきの効能

牡蠣は、昔から滋養強壮や体力増強に役に立つ貴重な栄養食品として、利用されていて、グリコーゲンや良質なたんぱく質、鉄分やビタミン、亜鉛などが豊富で数多くのアミノ酸も含んでおります。

その中でも、タウリンが特に豊富に含んでおり、成人病の原因とされている血液の中のコレステロールの上昇を抑えてくれて、さらに脂肪分はほとんどなく鉄分、銅分の両方を含んでおりますので、ダイエット食品だけではなく、冷え性や貧血、肌荒れなどを助けてくれます。

■的矢かきの形や色の特徴

色は生牡蠣食をしており、とても柔らかいです。

■的矢かきの代表的なレシピ

食べ方としましては、生でレモンや酢をかけて食べるほかに、牡蠣の土手鍋や焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋、牡蠣のスープ、牡蠣のホイルバター焼きなど色々な食べ方で楽しめます。