ヒモマキバイ

640px-Whelks_at_a_fish_market_in_Japan

By me (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

記し方 「紐巻貝」  読み方 「ひもまきばい」

■ヒモマキバイの呼び名の由来についてご存知ですか?

平瀬與一郎という人がヒモマキバイと名付け、体層に4本~5本の紐状のような螺肋があるためです。

■ヒモマキバイの旬の時期

ヒモマキバイの旬の時期は、晩秋から春という事もありますが冬です。

■ヒモマキバイの栄養成分

ヒモマキバイの中には、ビタミンB12がたくさん含まれています。他にも、タウリンが多く含まれていて、視力の低下の予防にも効果があります。

■ヒモマキバイの効能

ヒモマキバイに多く含んでいるビタミンB12の効能は、赤血球を作っていくのに必要不可欠な成分で、またビタミンB12の不足が貧血の原因のひとつともなりますので、ビタミンB12を摂る事で貧血の予防にもなります。

他にビタミンB12は、脳梗塞や心臓病の原因となりますホモシステインの血液に含まれている濃度を下げてくれる効果がありますので、脳梗塞や心臓病の予防につながります。

■ヒモマキバイの形や色の特徴

名前の由来のとおり貝殻の表面に紐を巻きつけているようね模様があります。
殻の長さは9cmくらいで、殻自体はやや厚いです。また、所々赤褐色の斑点があります。

■ヒモマキバイの代表的なレシピ

酒蒸しにしましてそのまま、または酢味噌などで食べると軟らかく、綿にもクセがなくておいしいです。

家庭料理としてはむき身をソテーしてもおいしいです。しょうゆとバターやにんにく風味やサルサソースなどの味付けをしてもおいしいです。

他にむき身は焼き鳥のように食べてもおいしいです。またはしょうゆやみりんなどで味付けをして網焼きで食べるのもおいしいです。