ウラウズガイ

ff1f5cde3338d2f156b98578ffc58a9a_m

記し方 「ウラウズガイ」 読み方 「うらうずがい」

■うらうずがいの呼び名由来についてご存知ですか?

うらうずがいの呼び名由来は貝殻の底の部分から渦を思わせる筋があるためにうらうずがいと呼ばれるようになりました。

地方名や市場名はイシブタニナ、サンカクミナ、タカジリ、トウネン、メクサリニーナなどがあります。

■うらうずがいの旬の時期

うらうずがいの旬の時期は3月~5月です。

■うらうずがいの栄養成分

うらうずがいにはタンパク質が含まれています。タンパク質は体を形成するのに必要な栄養成分で、免疫抗体、血液成分、遺伝子、神経伝達物質、エネルギーなどに使用されます。

■うらうずがいの効能

うらうずがいの効能はタウリンなども多く含まれており、摂取すると様々な効能があります。

タウリンには疲れ目や視力低下の防止に役立ち、心筋の収縮機能を高めたり不整脈の予防などにも効果があると言われています。高血圧の改善や肝機能の強化、血中コレステロールの抑制、生活習慣病にも役立ちます。

■うらうずがいの色や形の特徴

うらうずがいはサザエ科の仲間になり水深20メートルほどの場所に住んでおり貝殻の表面には沢山の藻なども付いて色合いにも変化が多い。

貝殻は重く硬い。

■うらうずがいの代表的な料理

うらうずがいはあまり食用としての認知度が低い貝で食べるというより貝殻を集める方が多いと思いますが食用の場合は塩茹でが一番良い調理方法です。