マガキ

200px-Oyster(L)

By User:Anthere (personal picture of an oyster harvested in france) [GFDL (www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons

記し方「マガキ」 読み方「マガキ」

■マガキの呼び名由来についてご存知ですか?

マガキの呼び名由来は、石から掻き落とす事や掻き出して食べる事からカキと呼ばれるようになりました。

マガキの呼び名由来は沢山ありイソガキ、ウチガキ、オチガイ、ガキ、カキボウなどがあります。

■マガキの旬の時期

マガキの旬の時期は秋から冬で、9月から2月の間です。

■マガキの栄養成分

鉄分、カリウム、ビタミン、グリコーゲン、亜鉛、タウリン、ベタインなどが含まれています。

■マガキの効能

グリコーゲンは肝臓機能を向上させます。
糖質の50%以上が、効率よくエネルギーに変わるグリコーゲンで、肝臓の機能を高め疲労回復を助け、筋肉や脳の働きを活発にします。

鉄、銅は貧血を防ぎ、亜鉛は味覚障害を防ぎます。
タウリンはスタミナを増強し、疲労を回復させコレステロールの上昇を抑え、目の疲れと視力の衰えを回復させます。

ベタインは甘味・旨味成分で肝機能を強化します。
胆汁の産生を促進し、脂質のエネルギー代謝を活性化、コレステロールを低下させます。

■マガキの形や色の特徴

形は殻頂部に溝状の靱帯面があり、色は黒紫色です。

マガキは大きなもので20センチを超えるものもあり板状に成長します。

産卵期は6月~8月ですが稀に秋に産卵するものもあります。

■マガキの代表的なレシピ

マガキの代表的なレシピはフライや焼きガキが有名ですが他にも鍋物やカレーにも入れることが出来ます。

カキは生でも食べることが出来ますが夏場などはお腹を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。